弔電とは?

弔電とは?

弔電とは

弔電とは?最後のお別れ

最後のお別れ

弔電について。訃報(ふほう)「人が亡くなったので連絡します」の知らせを受けたら。通夜(つや)に参列できない時は、喪主(もしゅ)に対して弔意(ちょうい)を表す電報を送ります。

 

弔電(ちょうでん)の送り先は、葬儀(そうぎ)が行われる会場/斎場(さいじょう)へ送ります。不幸事というものは突然の出来事で、どうしてもお通夜やお葬式に参列できない方も大勢いらっしゃいます。さらに遠方に住む方にとっても、なかなかすぐに駆けつけることができない事も少なくありません。そんな方にお薦めなのは、弔電を送る事です。最後のお別れに行くことはできなくても、電報で気持ちを伝える事は可能なのです。

 

 

 

 

弔電とは?お悔やみの気持ちを伝える※〜哀悼の意を表した電報

 

弔電とは、弔意を表す(お悔やみの気持ちを伝える)電報を送ることで、弔意の言葉を電報に変えて伝える手段であり、哀悼の意(人の死をいたみ悲しむ気持ち)を表した電報のことです。不幸の際に打つ弔電は、打つ方もやりきれない気の重いものですが、葬儀の知らせ(訃報)を受けた際、参列できない場合には、すぐに打電(電報、弔電を送る事)をしましょう。

 

数通の弔電は、葬儀の中で読み上げられ紹介されます。ですから、弔電はメールや電話と違う重要な役割を担っています。弔電は、葬儀の中で弔意を表す「手を合わせる」「頭を下げる」と同等の役割があるものです。その際、主催者側から、弔電の受付について、会場宛や指定場所の記載があることもあるので、気をつけてください。遅くとも、告別式の3時間前までに届くように手配するのが最良です。

 

弔意を表す気持ち

残されたご遺族のことも考えて、忌み言葉(いみことば)などのふさわしくない言葉を 使わないように気を付けましょう。忌み言葉には重ね重ねや度々のような言葉の他にも、神式や宗派によっては冥福も避けたほうが良い場合もありますので、ご遺族の環境などを考慮して選ぶ配慮も必要でしょう。

 

ただ、忌み言葉もそうですが、軽はずみに励ましの言葉などをかけずに、ご遺族の気持ちを察して言葉を慎重に選ぶといった気持ちを大切にしたいものです。弔電の場合は、そういった意味でも台紙選びに迷うより、文章の内容に注力しましょう。定型文をそのまま使うのではなく、ご自分で考えた文章を入れるとより良いでしょう。「学生時代のエピソード」「会社員時代のエピソード」などご自分と故人との思い出を書くのが良いと思います。文章を少し付け加えるだけで、弔意を表す気持ちが伝わります。

 

弔電

弔電-商品名:悠遠(ゆうえん)

商品名:悠遠(ゆうえん)は、(メッセージ300文字・送料込みで、1,280円(税抜)で送れます。また、「サプライズ便」〜14:00までの受付で全国即日夕方配達(一部地域除く)をご利用されても、1,980円(税抜)で送ることができますので、ぜひご利用ください。

 

 

 

 

※弔電とは?人の死をいたみ悲しむ気持ちをあらわした電報です。お悔やみ電報と同義語(どうぎご)です。

 

★関連記事★ 弔電マナー | 弔電の注意点 | 弔電の文例

 

ホーム RSS購読 サイトマップ