弔電料金

電報《弔電》料金

弔電の料金は?

弔電サービス会社によって、大きく変わる?!弔電の料金

 

弔電の料金とは?

弔電の料金=台紙料金+メッセージ料金+送料

 

《注意事項》

電報《弔電》の料金とは、メッセージの文字数の他、電報を申し込まれた方の氏名や住所も文字数として一文字ごとに加算されます。
例:メッセージ100文字+氏名5文字+住所10文字=115文字の料金+台紙の料金

 

弔電サービス会社によって変わる弔電料金

弔電の文例と文字数による弔電料金ランキング

弔電の料金が、メッセージの内容(文字数)により、およそどの位の文字数になるか検討がつきます。

弔電人気ランキング1位

こ香電 大輪(たいりん)
電報台紙+送料料金 2,500円(税抜)
350文字までのメッセージ代は、台紙料金に含む

 

文例 76文字 無料

突然の悲報に接し、誠に痛恨の極みです。
ご家族皆様のご心痛いかばかりかとお察し申しあげますとともに、
在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。

文例 135文字 無料

在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。
故人には生前、本当に良くして頂き、
何のお返しも出来ないままのお別れとなってしまいました。
残された皆様におきましては、今後も御家族お力を合わせて
一日も早くお悲しみから立ち直られますように。
謹んでお悔やみを申しあげます。

 

日本郵便

こうるし風(菊)
電報台紙+送料料金 5,142円・5,062円(Web料金)

文例 44文字 料金 558円(税抜)

ご尊父様のご逝去を悼み
謹んでお悔やみ申し上げますとともに
心からご冥福をお祈りいたします。

NTT電報

こ七宝「百合」(ゆり)<線香付き>
電報台紙+送料料金 3,500円(税抜)

文例 101文字 料金 2,100 円(税抜)

突然の悲報に胸がはりさけそうな思いでいっぱいです。
優しく接していただいた数々の思い出が走馬燈のように浮かんで 参ります。
お別れは辛く、とても淋しい気持ちですが、感謝とお礼の心でお見送りさせていただきます。

弔電の本文における注意事項

・弔電では故人や遺族に失礼にあたらぬよう言葉や言い回しには気をつけることが必要です。
・「重ね重ね」や「たびたび」などの繰り返す言葉は不幸を繰り返すことを連想させるので「忌み言葉」となります。
・宗教によっては不適切な言葉がありますので、そのような言葉は弔電を送る際には避けてください。
・神道やキリスト教には不適切な言葉:冥福を祈る/ご愁傷様/供養/成仏/往生/冥途など

 

弔電サービス〜どこを利用する?

電報サービス会社による使い分け

電報サービス【VERY CARD】は、従来の電報サービスから考えると圧倒的な格安料金で送る事ができます。
14:00までの受付では、全国に即日配達が可能です。しかし、離島や郡村部では、即日配達ができない地域もあります。格安に弔電を送る前に、《お届け日確認》で、いつまでにお届けできるかを確認してから、手続きをはじめると安心です。

 

一方、NTT弔電の魅力は、午後7時までの申し込みで、当日配達をしてくれることでしょう。午後2時(14:00)から午後7時までに申し込み、当日配達が必要ならば、NTT弔電を選ぶことになります。弔電料金で考えると、午後7時を過ぎると、翌朝の配達になり、メリットはそれほど発生しません。

 

弔電サービスの使い分け

格安な料金、配達時間〜の使い分けが、電報サービス会社を選ぶ基準になるでしょう。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ