弔電の送り方

お悔やみ電報の送り方

 
 

礼服

人の不幸は突然やってくるものですが…。

 

もしもどなたかが亡くなって、あなたが都合によりお通夜にも、告別式にも弔問にお伺いできない場合には…。

 

取り急ぎ弔電をお送りして対応することになります。

 

できれば御通夜が始まる前までに届くよう、早急に手配しましょう。

 

簡単に送ることができます。

 以前は電話で注文したこともありましたが、現在では、通信会社のホームページから、すぐに発注をかけることができるので、非常に便利になっています。例文も豊富に用意されていますので、どういう言葉で送ったらいいか悩む前に、ホームページを覗いてみてください。

 

電報の台紙から

 台紙を選択し、文章を指定するだけで、簡単に送ることが出来ます。特に、お悔やみ電報の質や印象を大きく左右するのが、この、電報の台紙です。シンプルな台紙のものから、漆の箱に入れられたもの、ブリザーブドフラワーの装丁が美しいもの。そして、電報メッセージとともに供花が届くものなど、様々な種類のものがあります。押し花や、線香が添えられたものも、故人を偲ぶかけがえのない電報となります。故人との関係の深さや、故人やあなたの社会的な地位などに応じて、電報の種類を選びましょう。

 

アレンジを効かせたメッセージも

また、添えるメッセージも、例文そのものを用いてもよいですが、故人のことを思い、少しで良いので、あなたなりのアレンジを効かせると尚良いでしょう。お悔やみ電報は、故人との関係などを鑑みて、適切な装丁のものをお送りしたいですね。「Verycard」なら、しめやかな紙装丁から、漆、フラワーまで、様々なものが取りそろえられています。

 

弔電の送り方

 
トップへ戻る