弔電の送り方

お悔やみ電報を送る場面

 
お悔やみ電報をいつ、どんなときに送ったらいいのか?

 お悔やみ電報を送る場面について解説します。参列する

 

お悔やみ電報は、つまり弔電ですから、誰かが亡くなったときにお送りするものです。不幸は突然やってくるものですから、距離が遠い、仕事が調整できない……などの都合で、通夜、告別式に参列できない場合もあることでしょう。
そのようなときに活躍してくれるのが、弔電です。

 

御通夜や告別式の日時を確認する。

もちろん、電報があるから……というのではなく、極力都合をつけてお伺いすべきなのが通夜や告別式ですが、どうしようもないときには、弔電によって、あなたの弔意を、故人やご遺族に伝えることができます。

 

弔電は、一般的には、御通夜や告別式の日時を指定し、これを行っている斎場にあてて、できるだけ早く送付する……と言われています。ただ、これらが斎場ではなく、自宅で行われていることもありますし、そもそも御通夜や告別式の日時がわからないこともありますから、そのような場合には、故人、あるいは喪主の自宅に向けて発送することができます。

 

できるだけ早いタイミングで送る

いずれにしても、大切なのは、訃報を知ったらすぐに、発送の手続きを行うことです。

弔電

弔電は、通夜や告別式の日時に間に合うことがひとつの目安で、発送が遅くなっては不自然なもの。そういった意味では、お悔やみ電報を送る場面は、御通夜・告別式にどうしても参列できないときで、かつ、できるだけ早いタイミングに限られるといえるでしょう。

 

弔電を送るサイトは現在複数ありますが、のんびりと選んでいる暇がありませんので、手早く上質で、しかも価格の見合ったものを送れるサイトを見つけることが大切です。

 

Verycard」なら、時間のない中でも、その場その場に合ったお悔やみ電報が見つけやすくなっており、大変おすすめです。

 
トップへ戻る