電報(弔電)関連記事

弔電の使い方

弔電の使い方は、お通夜やお葬式に…参列できない時に送ります

不幸事というものは突然の出来事で、どうしてもお通夜やお葬式に参列出来ない方も大勢いらっしゃいます。

お通夜やお葬式

さらに遠方に住む方にとっても、なかなかすぐに駆けつけることが出来ない事も少なくありません。そんな方にお薦めなのは、弔電(お悔やみの電報)を送る事です。

 

最後のお別れに行くことは出来なくても、弔電で気持ちを伝える事は可能なのです。さらに、上手に文章に表せないという方でも安心なように、文例が用意されています。マナーに沿って、失礼のない言葉でお悔みの気持ちを伝えることができます。是非、参考にして下さい。

 

弔電は、インターネットですぐに、24時間いつでも申し込む事が出来ます。当日、あるいは、翌日には、相手方の方へ届くという便利なサービスもみられるようになりました。即日なので、相手のお葬式にはしっかりと間に合い、葬儀には参列出来なくても、相手方のご親族の方に、お悔みの気持ちを伝えられるのがこの弔電です。

 

弔電の使い方〜まとめ

弔電の使い方はお通夜やお葬式に…参列できない時に送ります。

  • 亡くなられた方へのお悔やみの気持ちをお伝えする時に。
  • お通夜やお葬式に参列できない時に。

〜活用しましょう。

 

★関連記事★ 弔電の送り方

 

電報(弔電)関連記事記事一覧

弔電マナー

弔電マナー 弔電を送る弔電マナーの基本弔電を送る際の基本知識です弔電の宛先名は、喪主の名前で送るようにします。そしてその名前も苗字だけではなく、氏名を正しく記入します。分からない場合は、葬儀屋、葬儀場に問い合わせれば教えてくれます。送り先は、普通は葬儀が行なわれる葬儀場にするのが一般的です。事情があ...

≫続きを読む

 

弔電の注意点

弔電を送る際に注意するべき点はつぎの点です。弔電の宛先名は、喪主の名前で送るようにします。そしてその名前も苗字だけではなく、氏名を正しく記入します。分からない場合は、葬儀屋、葬儀場に問い合わせれば教えてくれます。送り先は、普通は葬儀が行なわれる葬儀場にするのが一般的です。事情があってご遺族のご自宅が...

≫続きを読む

 

弔電の文例

弔電の文例について弔電(読み方|ちょうでん)の打ち方では、文章において、相手にとって失礼にならないように、お悔やみでは使用をひかえるべき言葉使い、文章表現にならないよう注意が必要です。あらかじめ用意された文例(テンプレート)を参考にして、弔電を打つことをおすすめ致します。弔電の文章の中に、使わないほ...

≫続きを読む

 

弔電の利用(お盆、初盆)

お盆の電報。宗教に合わせて送る。お盆の電報とは?お盆に電報を送って、供養の気持ちを伝える。お盆休みを利用して、帰省されている方も多いと思いますが、どうしても、仕事の関係で帰省できないこともありますよね。初盆(新盆)にはとくに挨拶にお伺いしなければ…。そうは思っても、遠距離で、時間のせいやくがあって、...

≫続きを読む

 

お線香付電報とは

弔電 お線香付電報について概略電報には葬儀の際に送る弔電というものがありますが、最近ではその弔電の種類にも様々なものが出てきています。一般的な弔電などの電報はシンプルなデザインのカードにメッセージを載せ送るものですが、最近ではより自身の気持ちを伝えるために お線香付電報 というものも出てきているので...

≫続きを読む

 

線香付き電報誕生秘話

線香付電報はこうして生まれた!お香メーカーの日本香堂が40歳以上を対象に2009年に行った調査によると、「ご縁ある方の逝去を喪中はがきで初めて知った」経験がある人は、全体の約8割(78%)60代以上では実に86%にも上っている。その背景には近年の葬儀の簡略化傾向や、長寿化が進んで退職から時間が経ち、...

≫続きを読む

 

お急ぎの弔電

お急ぎの弔電 当日配送ができる サプライズ便お急ぎの弔電 『弔電 - No.1』喪主に対して弔意を表す電報を送ります。サプライズ便なら3時間以内に、追悼の意を伝えることができます。お急ぎでお申し込みをされたい場合(お急ぎの弔電)は、下記の弔電がおすすめです。よく利用されています。追弔(ついちょう)厳...

≫続きを読む

 

(株)ヒューモニー VERY card

電報サービス会社《株式会社ヒューモニー VERY card》のご紹介※ヒューモニーが評判になった「お線香付電報」を開発。電報取り扱い高で現在NTTに次いで2位に。線香付き電報誕生秘話 - 喪中はがきで親しかった人の訃報を知った場合をご覧ください。株式会社ヒューモニー humony Co., Ltd....

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ