弔電の文例

弔電の文例

弔電の文例について

 

弔電(読み方|ちょうでん)の打ち方では、文章において、相手にとって失礼にならないように、お悔やみでは使用をひかえるべき言葉使い、文章表現にならないよう注意が必要です。
あらかじめ用意された文例(テンプレート)を参考にして、弔電を打つことをおすすめ致します。

 

弔電の文章の中に、使わないほうがいい言葉には、次のようなものあげられます。

 

控えるべき言葉

文例-1:弔電では直接的な避けます。

例えば:「死亡」・「死ぬ」・「生存」・「生きる」などの直接的な言葉。
「死亡」は→「ご逝去」に、「ご生存中」は→「ご生前」に、「生きているころ」は→「お元気なころ」へ表現を変更しておきます。

 

文例-2:使用を避けたい言葉もあります。
例えば:「また」・「たびたび」・「しばしば」・「返す返す」という言葉は使用を控えます。
それらの言葉には、不幸が再び来るという意味が含まれていると思われています。

 

文例-3:その他にもあります。
例えば:「再三」・「かさねがさね」・「くれぐれ」なども使用を控えるようにします。
やはり、それらの言葉には、不幸が重なるという意味に通じるところでしょう。

 

以上のように、弔電は、相手にとって失礼にならないように、使用をひかえるべき言葉使い、文章表現に注意が必要です。

 

電報サービスには、弔電の文例が掲載されていますので、参考にすると間違いのない文章の弔電が送れますので、利用するようにしましょう。

 

弔電マナー 文例

お悔やみ、法要などの文例が掲載されています。どなたが亡くなられたのかよって、文章が変わりますので、「ご尊父様」「ご母堂様」〜〜選択いただきますと、文例が表示されます。他にも、社葬、キリスト教式、英文の文例も選んでいただけます。

 

 

★関連記事★ 弔電マナー | 弔電の注意点

 

弔電 関連ページ

弔電マナー
弔電マナーの基本。弔電を送る際の基本知識。
弔電の注意点
弔電の注意点。弔電を送る際に注意するべき点。
弔電の利用(お盆、初盆)
弔電の利用(お盆、初盆)。お盆の電報。宗教に合わせて送る弔電。
お線香付電報とは
お線香付電報について。お線香付電報の申し込み方法。白檀のお線香とは。真心込めた弔意、お悔みの気持ちを、お線香付き電報で!
線香付き電報誕生秘話
線香付き電報誕生秘話。線香付電報はこうして生まれた!
お急ぎの弔電
お急ぎの弔電、当日配送 - サプライズ便なら3時間以内。弔電をスマホなので、今すぐ送ることができます。
(株)ヒューモニー VERY card
株式会社ヒューモニー VERY card・電報サービス会社《株式会社ヒューモニー VERY card》のご紹介

ホーム RSS購読 サイトマップ